肝臓の働きを強くする食べ物


症状から調べる 自然食品効能辞典トップページ  > 肝臓に良い食べ物  > 肝臓の働きを強くする食べ物

  • 肝臓の働きを活発にする朝鮮人参
     朝鮮人参は肝臓で核酸やタンパク質を合成する作用を強め、肝臓の働きを活発にします。
  • 肝臓を強くするかぼちゃ
     かぼちゃにはカロチンが豊富に含まれているので強肝作用があり、ビタミンCが肝臓の解毒作用をスムーズにするので、保健食として活用するとよいでしょう。
  • 肝臓機能強化ににんにく
     にんにくには、体内の脂肪と糖質の消化、吸収を調節する働きがあります。また、アリシンが消化酵素の分泌を促し、さらに胆汁の分泌と排泄を促進するので、肝臓の働きを強めます。
  • 肝臓の脂肪をおさえるりんご
     りんごに含まれているペクチンはガラクツ酸という物質が、チェーンのようにいくつもつながってできています。これが肝臓での脂肪をおさえる働きをしてくれます。
  • 肝臓を強化するピーナッツ
     ピーナッツのビタミンB2は解毒作用があり、肝臓を強化します。酒のつまみにピーナッツをとるのは、酒の中に含まれたアルコールを吸収、消化する肝臓の働きを助けるためにもいいことでしょう
  • 肝機能が活発になるセロリ
     セロリの成分の一つメニチオンは、肝機能を助ける働きがあるので、セロリを常食すると肝機能が活発になり、同時に女性ホルモンの分泌が活発になりますから、肌の張りやつや、うるおいをもたらせてくれます。
     また、更年期障害に悩んでいる肩も、セロリを常食していると、症状の軽減がみられます。



スポンサーリンク