神経痛・神経系の症状に効果のある食べ物


症状から調べる 自然食品効能辞典トップページ > 神経痛・神経系の症状に効果のある食べ物


神経痛・神経系の症状に効果のある食べ物 一覧




スポンサーリンク

  • 神経痛を癒すピーナッツ
     ピーナッツのビタミンEには血液の循環をよくする働きがあります。そのため、カルシウムが関節に沈着して痛みが伴うリウマチや神経痛などに、ビタミンEがカルシウムをとり除いて病気を癒してくれます。
  • 神経痛に効くセロリ
     セロリを食べると、米の成分、炭水化物の消化を促進するので、食欲がでてきます。ビタミンやミネラルなどを多く含みますので、脚気の予防になります。また、体内の新陳代謝を活発化しますから、神経痛やリウマチなどにも有効です。
  • 関節炎、神経痛に効く生姜(しょうが)
     古い生姜(しょうが)のおろし汁に同量のごま油を加えて混ぜたものを、手足にすりこむと、痛みがやわらぎます。関節炎や神経痛、脚気や中風などによる手足のまひに、効果的です。
  • 神経痛に効果のある山椒(サンショウ)
     山椒(サンショウ)の葉にも精油が含まれているので、薬を刻み袋に入れて湯舟にうかべると、保温性があり、刺激分で神経痛などの症状に効果があります。

・・・続きを見る


  • 鎮静作用があるはちみつ(蜂蜜)
     はちみつ(蜂蜜)は、カンシャクを起こす子どもに与えると、落ち着きを見せるようになるといわれます。これは豊富なミネラル中のマグネシウムの作用によるものと考えられます。
  • 神経障害改善に効果のあるローヤルゼリー
     ローヤルゼリーは、自律神経に働きかけて、脳卒中を起こした後に、言語障害、舌のもつれ、足のシビレなどが起こる神経障害を改善してくれます。
  • 神経衰弱に効く牡蠣(かき)
     牡蠣(かき)に含まれているカルシウムは神経を鎮静する作用があるので、ストレスで神経が興奮し、不眠などに悩まされている人には効果があります。
     また、牡蠣(かき)の殻にもリン酸カルシウムや炭酸カルシウムが含まれています。殻は牡蠣(かき)自身の唾液が石灰化したもので、これを粉末にして飲んでも同じような効果があります。

・・・続きを見る


  • 自律神経失調症に効果のある朝鮮人参
     朝鮮人参を煎じて服用していると、副腎皮質の機能が高められ、副腎皮質からストレスに対抗するホルモンが分泌されます。これによって、女性の更年期に起こりがちな頭痛、イライラ、食欲不振、便秘、下痢といった自律神経の失調症状に効果をあらわします。
  • 自律神経失調症を防ぐ麦飯
     麦飯にはパントテン酸が多く、神経刺激を伝えるアセチルユリンを作り出し、自立神経に働きかけます。その結果、交感神経を副交感神経の二つの神経のバランスのくずれで起こる自立神経失調症を防ぎます。
  • 自律神経失調症改善にラム肉(羊肉)
     ラム肉(羊肉)に含まれている成分が、ストレス過剰で起こる自律神経失調症の改善に効果があります。これは意志とは無関係に、内臓や血管の働きを調整する働きが弱くなって起こるものです。

・・・続きを見る


スポンサーリンク