神経痛の症状に効果のある食べ物


症状から調べる 自然食品効能辞典トップページ  > 神経痛・神経系の症状に効果のある食べ物  > 神経痛の症状に効果のある食べ物



  • 神経痛を癒すピーナッツ
     ピーナッツのビタミンEには血液の循環をよくする働きがあります。そのため、カルシウムが関節に沈着して痛みが伴うリウマチや神経痛などに、ビタミンEがカルシウムをとり除いて病気を癒してくれます。
  • 神経痛に効くセロリ
     セロリを食べると、米の成分、炭水化物の消化を促進するので、食欲がでてきます。ビタミンやミネラルなどを多く含みますので、脚気の予防になります。また、体内の新陳代謝を活発化しますから、神経痛やリウマチなどにも有効です。
  • 関節炎、神経痛に効く生姜(しょうが)
     古い生姜(しょうが)のおろし汁に同量のごま油を加えて混ぜたものを、手足にすりこむと、痛みがやわらぎます。関節炎や神経痛、脚気や中風などによる手足のまひに、効果的です。
  • 神経痛に効果のある山椒(サンショウ)
     山椒(サンショウ)の葉にも精油が含まれているので、薬を刻み袋に入れて湯舟にうかべると、保温性があり、刺激分で神経痛などの症状に効果があります。
  • 神経痛に効く豆乳
     豆乳にはビタミンB1が溶け込んでいます。湿気や寒さで足腰に生じる神経痛にビタミンB1は欠かせません。というのはビタミンB1は神経機能正常に保つ働きをするからです。また糖分の代謝にもなくてはならない物質で、この代謝が順調に行われないと、脚気にもなりやすくなります。
  • 神経痛を軽くする唐辛子(とうがらし)
     唐辛子(とうがらし)の葉また熟果を刻んだものを袋に入れ、浴槽に浮かべ入浴していると、神経痛を軽くします。
  • 神経痛に効く唐辛子(とうがらし)
     唐辛子(とうがらし)の5〜8パーセントに煎じた汁を布に浸し、患部に温湿布すると痛みが治ります。かぶれる人は、食用油をぬった上からはると良いでしょう。神経痛以外にもリューマチ、肩こり、筋肉痛、扁桃炎にも効きます。
  • 神経痛治療の促進に高菜
     高菜の種子をつぶして粉にしたものを練ってドロドロに湿布します。かぶれやすい人は少しうすめて用います。患部の抵抗力を増し神経痛治療の促進に役立ちます。
  • 神経痛に効果があるミツバ
     ミツバは、血液の循環をよくする働きがあるので、血行不良からくる神経痛には効果的です。
  • 神経痛に効くヒネショウガ
     ヒネショウガは体をあたためる作用があるので、神経痛に効くといわれています。
  • 神経痛に効くにんにく
     にんにくの成分のスコルヂニンの有効成分が働いて、神経組織の新陳代謝を促進したり、末梢血管にも作用しますので、全身の循環をよくして痛みを柔らげます。また、アリシンはビタミンB1と結合して、より強いB1効力を持つアリチアミンとなって、筋肉自体に作用しますので、神経痛や筋肉病を治してくれます。
  • 神経痛に効くにんじん(人参)
     にんじん(人参)の葉を刻み、布袋に入れ入浴すると、香りも良く、体があたたまり、神経痛やリウマチ、腰痛、肩こりに効きます。


スポンサードリンク