成人病予防に良い食べ物


症状から調べる 自然食品効能辞典トップページ > 成人病予防に良い食べ物


成人病予防に良い食べ物 一覧




スポンサードリンク

  • 肥満解消に緑茶
     緑茶に含まれているタンニンには脂肪代謝作用がありますので、血中の脂肪とともに体の脂肪を取り、やせる効果が期待できます。
  • 肥満対策にこんにゃく
     こんにゃくは100%ノーカロリーで、しかも食べると満腹感を感じるので、肥満対策にはもってこいの食品です。
     糖尿病で食事制限をしている人にも有効ですが、これだけではもちろん栄養失調になってしまうので、タンパク質、ビタミン、脂質などとうまく組み合わせて摂るようにするのが大切です。
  • 肥満防止・解消に納豆
     納豆は、デンプンや糖は少しですが、タンパク質と植物性脂肪が豊富である上、不消化の繊維や多糖類が多いので、満腹感があります。
     ビタミンB2は、脂肪を燃やしてエネルギーになり、植物性脂肪のリノール酸はコレステロール低下作用があり、血管内、付着しているコレステロールも取り去りますので、肥満を防止する役割は十分果たす食品です。
     タンパク質が豊富という栄養価から見ても、体力を失う恐れはないので美容上肥りたくない人にも、健康的にやせられる食品といえます。

・・・続きを見る


  • 肥満防止に豆乳
     豆乳に含まれているリノール酸は、皮下脂肪を合成する酵素の働きを抑え、脂肪の分解を速める作用で肥満を防止することができます。
     またダイズは低カロリー、高タンパクなので、健康的にやせられる食品といえます。
  • 肥満防止に竹の子(たけのこ)
     竹の子(たけのこ)は低カロリー食品であり、また食物繊維が腸活動を活発にするので、肥満を防ぐのに有効です。
  • 肥満防止にプルーン
     プルーンは栄養をバランスよく心身をひきしめてくれます。ですから、偏食をすると栄養のバランスが取れないために、肥満が起こります。プルーンは肥満防止にも役立ちます。

・・・続きを見る


  • 動脈硬化を防ぐマッシュルーム
     キノコ類のエリタデニンが、よけいなコレステロールを取り除くので、動脈硬化によって血管壁に沈着する血液中のコレステロールを取って、動脈硬化を防ぎます。
  • 動脈硬化の予防に牛乳
     牛乳に含まれているタンパク質の中の含流アミノ酸が、交感神経を刺激し、血圧を下げる効果をもっています。牛乳は血圧を安定させ、動脈硬化を防ぐ働きをします。若い時から飲み続けていると長生きできるのです。
     成長期の子供だったら四〇〇ミリリットル、普通の大人なら二〇〇ミリリットル、老人、妊婦中の女性は飲めるだけ飲むとよいでしょう。
  • 動脈硬化を防ぐブタのヒレ肉
     ブタのヒレ肉には、脂肪分が少ないので、老人ボケとなる脳動脈硬化をはじめ、動脈硬化も防ぎます。

・・・続きを見る


  • 動脈硬化予防にごぼう
     植物繊維とは人間の体内では消化されない物質のことで、セルロース、ペクチン、リグニンなどがあります。最近ではこらの成分が血中のコレステロール値を下げる働きをするというので注目されています。
     リグニンは、お茶に含まれるタンニンと似た構造をしており、制ガン効果があることもわかっています。ですから中高年以上で、高血圧、動脈硬化、ガンなどの恐れがある人は、いつもきんぴらごぼうなどの“おふくろの味”を食べることをすすめます。
  • 動脈硬化の予防に小松菜
     小松菜の緑の部分、葉緑素は、動脈硬化の予防などに必要な血管に付着したコレステロールを取り除く善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増やし、コレステロールの量を減らす効果をもっています。
  • 動脈硬化を防ぐピーマン
     ピーマンに含まれているビタミンCは、血液中のコレステロールを下げる働きがあり、血液中の脂肪が酸化されて動脈硬化の原因となる過酸化脂質ができるのを防いでくれます。

・・・続きを見る


  • 血圧異常、動脈硬化に効くクコ
     血圧異常や動脈硬化に効き目があるクコは、ベタイン、ゼアキサンチン、リノール酸、葉に含まれるルチンが、血管壁を丈夫にし、毛細血管がもろくなるのを防いでくれます。高血圧にも低血圧にもよいとされています。
  • 動脈硬化によい夏みかん
     夏みかんに含まれているビタミンCは、血管の抵抗力を強め、血管を構成している細胞と細胞の結合組織を丈夫にする働きがあります。
     また夏みかんには、ヘスペリジンというビタミンPが多く含まれ、これは血液が毛細血管から漏れ去るのを防いだり、またビタミンCが酸化されて無効になるのを防いだりします。
     ヘスペリジンは水溶性ですが、夏みかんは生で取ることができ損失もなく効率がよいので、高血圧の人を始め、動脈硬化の心配のある中高年の人にとって最適の食べ物と言えます。
  • 動脈硬化を予防するレモン
     レモンはアルカリ性食品で、体内が酸性体質になるのを防いでくれます。レモンの皮や袋の繊維質や油分が、よけいなコレステロールの吸収を妨げて排泄を促し、血中のコレステロール値を下げる働きがあるので、血管の壁にコレステロールが付着する動脈硬化を防ぎます。

・・・続きを見る


  • 糖尿病予防にマーマレード
     マーマレードに含まれているペクチンをとらないと、腸内の吸収速度が速くなり、糖分が急激に吸収され、一時的に血糖値が上昇することになります。
     こうなると大量のインシュリンを生産するため、膵臓に負担がかかり、機能低下から糖尿病になりますが、ペクチンには消化吸収を遅らせる働きがあるので糖尿病の予防に効果があります。
  • 糖尿病を防ぐ椎茸(しいたけ)
     椎茸(しいたけ)は肥満、糖尿病を防ぐのにつながります。椎茸(しいたけ)はカロリーがほとんどないノーカロリー食品ですので、食事制限をされている人でも安心して食べられます。 お腹が空いてがまんできない時は、メニューに椎茸(しいたけ)を加え、食事のバランスをとり、量を補うようにすればよいでしょう。
     また新陳代謝をさかんにし、老廃物を排泄する作用もあるので、肥満、糖尿病の人にはもってこいの食品といえます。
  • 糖尿病の食事制限にこんにゃく
     こんにゃくは100%ノーカロリーで、しかも食べると満腹感を感じるので、肥満対策にはもってこいの食品です。糖尿病で食事制限をしている人にも有効ですが、これだけではもちろん栄養失調になってしまうので、タンパク質、ビタミン、脂質などとうまく組み合わせて摂るようにするのが大切です。

・・・続きを見る


  • 脳卒中予防にまぐろ(マグロ)
     まぐろ(マグロ)の脂肪の中には、牛肉やぶた肉などに含まる脂肪酸とは種類の違う脂肪酸が含まれており、血液をかたまりにくくして、血栓の発生を防ぎ脳卒中を予防します。
  • 脳卒中などの予防にじゃがいも
     じゃがいもには、ビタミンB1、B6、パントテン酸などのビタミンB群が豊富です。ビタミンB6が不足すると、動脈が退化して裂けやすくなります。
     日本人の脳出血は動脈がさけておこるものがとても多く、ビタミンB6の不足が原因であるといわれています。
     またパントテン酸は、血圧を下げ、貧血を治すなどの働きをする成分です。白米を主食とする日本人は欧米人に比べ、パントテン酸の欠乏がおこりやすく、高血圧、低血圧、頭痛、肩こり、めまい、胃下垂、便秘などをうったえる自律神経失調症にかかる人が多いのです。
     ですから、日本人にとってじゃがいもは欠かせない食物といえます。
  • 脳卒中予防に麦飯
     麦飯には、脳の急激な血管循環障害によって起こる、脳卒中を防ぐ働きがあります。麦飯に含まれているビタミンB6が、血液中にある血糖を下げたり、血管細胞をつくるアミノ酸の合成に役立っているからです。

・・・続きを見る


  • 減塩効果のあるゆず(柚子)
     ゆず(柚子)の酸味クエン酸に、減塩効果があります。ゆず(柚子)の汁をかけて食べれば、塩やしょうゆも半分ですみます。
  • 脳出血を防ぐピーマン
     ピーマンに含まれているビタミンCはコラーゲンを生成しますが、これは体の細胞と細胞をくっつける接着剤の役割を果たす、特殊なタンパク質です。これが血管壁を強くするのです。
  • 成人病予防にトマト
     トマトには、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。ビタミンには相乗作用があり成人病の予防に貢献します。トマトにはビタミンA効力のカロチンが多く含まれているので、ビタミンの相乗効果によって他に負けない栄養野菜になります。
     ビタミンが総合的に含まれているということは、トマトやトマトジュースの健康への影響力は大きく、成人病予防のために、コーヒーからトマトジュースに切り替えるだけの価値は十分にあります。
  • 脳梗塞、動脈硬化の予防に牡蠣(かき)
     牡蠣(かき)には血圧を下げる働きで注目されている二つの特効成分、タウリンとエイコサペンタイン酸(EPA)が多く含まれています。EPAは血液中で血栓をできにくくして心臓病を防いだり、血圧が上昇する原因の血管の収縮をおさえたり、血管を拡張する性質に変化し血圧を下げたりする作用があります。
     またタウリンには降圧作用だけでなく、心臓の興奮を静めて心臓病を予防する効果、血液が凝縮するのを防ぎ、脳梗塞や心筋梗塞などの血栓症を予防する効果、動脈硬化を防ぎます。
     なお、血圧を下げるといっても、高い物を正常にするのであって、大量に摂っても正常以下に下げすぎるということがありません。このタウリンは他の貝類、タコ、イカ、などにも多く含まれています。

・・・続きを見る


  • 心臓病の予防によいたまご(卵)
     卵黄に含まれているレシチンは、血液の流れをよくし血圧調整もするので、心臓病や脳卒中の予防になります。
  • 心臓病を防ぐびわ(枇杷)
     びわ(枇杷)は血液の流れを正常に保つので、心臓に負担をかけることがなく、心臓病になるのを防ぎます。
  • 狭心症、心筋梗塞を防ぐマーマレード
     マーマレードのとろっとしたところがペクチンで、コレステロールの吸収を妨げ、排出するだけでなく、積極的によけいな血中コレステロールを減らすので、心臓に負担をかけず、狭心症や、心筋梗塞の危険を減らします。
  • 心臓病を防ぐらっきょう
     らっきょうには、ビタミンB1の吸収をよくする働きがあります。このため、体内の必要な維持代謝を活発にします。ビタインB1が不足すると、血液が酸毒化し、体内の新陳代謝がスムーズにおこなわれないため、イライラや神経過敏になり、心臓にも負担をかけることになります。しかし、らっきょうの働きによって心臓病を防ぐことができます。

・・・続きを見る


  • コレステロールを下げる豆乳
     豆乳に含まれているレシチンには、乳化作用によって、血中のコレステロールを下げる働きがあります。また、動脈に沈着してしまったコレステロールも取り除きます。
  • 血中コレステロールを減らす桃(もも)
     桃(もも)はペクチン質に富んでいるので、ジャムやゼリーにしても固まりやすいものです。このペクチンは、コレステロール値を下げる働きをします。ペクチンがコレステロールの吸収を妨げ、排出するだけでなく、血液中のよけいな血中コレステロールを減らすのです。
  • コレステロール値を低下させるマーマレード
     マーマレードの食物繊維であるペクチンが、コレステロールの吸収を妨げ、排出し、血中のコレステロールを減らします。またナトリウムと結びついてこれを排泄しますので、よけいなコレステロールをなくします。

・・・続きを見る


スポンサードリンク


スポンサードリンク