動脈硬化予防に良い食べ物


症状から調べる 自然食品効能辞典トップページ > 動脈硬化予防に良い食べ物


動脈硬化予防に良い食べ物 一覧


ここでは、動脈硬化予防に効果のある自然食品を紹介しています。自然食品が持つパワーを理解し、それらを普段の食生活習慣に活かして、病気予防・抵抗に重点を置くことがとても大切です。動脈硬化に効果のある、意外と身近な食べ物をチェックしてみてください。


スポンサーリンク

  • 動脈硬化を防ぐマッシュルーム
     キノコ類のエリタデニンが、よけいなコレステロールを取り除くので、動脈硬化によって血管壁に沈着する血液中のコレステロールを取って、動脈硬化を防ぎます。
  • 動脈硬化の予防に牛乳
     牛乳に含まれているタンパク質の中の含流アミノ酸が、交感神経を刺激し、血圧を下げる効果をもっています。牛乳は血圧を安定させ、動脈硬化を防ぐ働きをします。若い時から飲み続けていると長生きできるのです。
     成長期の子供だったら四〇〇ミリリットル、普通の大人なら二〇〇ミリリットル、老人、妊婦中の女性は飲めるだけ飲むとよいでしょう。
  • 動脈硬化を防ぐブタのヒレ肉
     ブタのヒレ肉には、脂肪分が少ないので、老人ボケとなる脳動脈硬化をはじめ、動脈硬化も防ぎます。

・・・続きを見る


  • 動脈硬化予防にごぼう
     植物繊維とは人間の体内では消化されない物質のことで、セルロース、ペクチン、リグニンなどがあります。最近ではこらの成分が血中のコレステロール値を下げる働きをするというので注目されています。
     リグニンは、お茶に含まれるタンニンと似た構造をしており、制ガン効果があることもわかっています。ですから中高年以上で、高血圧、動脈硬化、ガンなどの恐れがある人は、いつもきんぴらごぼうなどの“おふくろの味”を食べることをすすめます。
  • 動脈硬化の予防に小松菜
     小松菜の緑の部分、葉緑素は、動脈硬化の予防などに必要な血管に付着したコレステロールを取り除く善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増やし、コレステロールの量を減らす効果をもっています。
  • 動脈硬化を防ぐピーマン
     ピーマンに含まれているビタミンCは、血液中のコレステロールを下げる働きがあり、血液中の脂肪が酸化されて動脈硬化の原因となる過酸化脂質ができるのを防いでくれます。

・・・続きを見る


  • 血圧異常、動脈硬化に効くクコ
     血圧異常や動脈硬化に効き目があるクコは、ベタイン、ゼアキサンチン、リノール酸、葉に含まれるルチンが、血管壁を丈夫にし、毛細血管がもろくなるのを防いでくれます。高血圧にも低血圧にもよいとされています。
  • 動脈硬化によい夏みかん
     夏みかんに含まれているビタミンCは、血管の抵抗力を強め、血管を構成している細胞と細胞の結合組織を丈夫にする働きがあります。
     また夏みかんには、ヘスペリジンというビタミンPが多く含まれ、これは血液が毛細血管から漏れ去るのを防いだり、またビタミンCが酸化されて無効になるのを防いだりします。
     ヘスペリジンは水溶性ですが、夏みかんは生で取ることができ損失もなく効率がよいので、高血圧の人を始め、動脈硬化の心配のある中高年の人にとって最適の食べ物と言えます。
  • 動脈硬化を予防するレモン
     レモンはアルカリ性食品で、体内が酸性体質になるのを防いでくれます。レモンの皮や袋の繊維質や油分が、よけいなコレステロールの吸収を妨げて排泄を促し、血中のコレステロール値を下げる働きがあるので、血管の壁にコレステロールが付着する動脈硬化を防ぎます。

・・・続きを見る


スポンサーリンク