脳卒中・脳の病気を防ぐ食べ物


症状から調べる 自然食品効能辞典トップページ > 脳卒中・脳の病気を防ぐ食べ物


脳卒中・脳の病気を防ぐ食べ物 一覧


ここでは、脳卒中・脳の病気を防ぐ効果があるとされる自然食品を紹介しています。自然食品が持つパワーを理解し、それらを普段の食生活習慣に活かして、病気予防・抵抗に重点を置くことがとても大切です。脳卒中・脳の病気予防に効果のある、意外と身近な食べ物をチェックしてみてください。


スポンサーリンク

  • 脳の老化防止に効果があるサヤエンドウ
     サヤエンドウには、野菜の中でもタンパク質の含有量が多い食品です。特にその中でも、必須アミノ酸の一つのリジンが豊富に含まれています。これが不足すると、脳の老化が促進され、ボケにもなりやすいので、中高年以上の方は積極的に食べると良いでしょう 。
     リジンは、牛乳、卵、魚、肉などにも多量に含まれていますが、成人病が気になる年代以上の方は、これら動物性タンパク質よりも、植物性タンパク質で補う方が理想です。
  • 脳の老化防止にミツバ
     ミツバには、造血を促し、血液の循環をよくする働きとともに、体内を酸性からアルカリ性にする働きもあり、神経系を正常にするので、脳の老化防止にもなります。
  • 脳・神経の働きを活性化するブタのヒレ肉
     ブタのヒレ肉に含まれていいるビタミンB1は、体内で糖質をエネルギーとして消費するときに必要なビタミンです。このビタミンで、脳や神経の働きを活性化します。

・・・続きを見る


  • 脳卒中予防にまぐろ(マグロ)
     まぐろ(マグロ)の脂肪の中には、牛肉やぶた肉などに含まる脂肪酸とは種類の違う脂肪酸が含まれており、血液をかたまりにくくして、血栓の発生を防ぎ脳卒中を予防します。
  • 脳卒中などの予防にじゃがいも
     じゃがいもには、ビタミンB1、B6、パントテン酸などのビタミンB群が豊富です。ビタミンB6が不足すると、動脈が退化して裂けやすくなります。
     日本人の脳出血は動脈がさけておこるものがとても多く、ビタミンB6の不足が原因であるといわれています。
     またパントテン酸は、血圧を下げ、貧血を治すなどの働きをする成分です。白米を主食とする日本人は欧米人に比べ、パントテン酸の欠乏がおこりやすく、高血圧、低血圧、頭痛、肩こり、めまい、胃下垂、便秘などをうったえる自律神経失調症にかかる人が多いのです。
     ですから、日本人にとってじゃがいもは欠かせない食物といえます。
  • 脳卒中予防に麦飯
     麦飯には、脳の急激な血管循環障害によって起こる、脳卒中を防ぐ働きがあります。麦飯に含まれているビタミンB6が、血液中にある血糖を下げたり、血管細胞をつくるアミノ酸の合成に役立っているからです。

・・・続きを見る


スポンサーリンク