冷え性に効く野菜


症状から調べる 自然食品効能辞典トップページ  > 冷え性改善に効く食べ物  > 冷え性に効く野菜

  • 体が温まるのびる(野蒜)
  • 冷え症ににんじん(人参)
     にんじん(人参)は、血液の状態を正常に保ち、ビタミンAの働きで、造血を促進します。ビタミンEも含まれているので、血行を良くします。また、胃を丈夫にして食欲を増進する働きがあります。すりおろしたにんじん大さじ1を1日1回食べると冷えに効果あります。保温作用があるので、冷え症や低血圧、しもやけにも効果があります。
  • 冷え症に効果があるらっきょう
     らっきょうは、栄養的には意味の少ないものですが、ビタミンB1の吸収をよくするほか、保温作用があり、全身の血液循環をよくします。体の冷えをおさえてくれますので、冷えのぼせや冷えからくる頭痛を取り除いてくれます。
  • 冷え症に効くヒネショウガ
     女性に多く、肩こりや冷えのぼせが起こる冷え症ですが、ヒネショウガは、体の内部からあたためてくれるので、冷えを取り除いてくれます。
  • 冷え症によく効くねぎ
     ねぎは、胃腸機能を高め、血液が浄化されて、血行が良くなり、体が暖まります。
  • 冷え症に効くにんにく
     にんにくの成分スコルヂニンが、体内にとり入れられた栄養分を完全に燃焼してエネルギーに転換し、疲労回復を助け、また、新陳代謝をさかんにして血行を良くしてくれます。これらの作用で冷え症も改善され、体が暖まるようになるので自然に眠りに入れます。
  • 冷え症に効果があるにら
     にらを常食していると、血液の循環をよくし、体が暖まり、夜尿症や、白帯下など、冷えると多くなる障害に効用があります。きざんだにらをお粥に入れるなどして、あたたかい状態でとるとよいでしょう。
  • 冷え症に効くトマト
     トマトは脂肪の代謝を良くし、エネルギーに変え、循環器系の働きを助ける作用があるので、冷え症で体の機能が活発でない人にも良いといえます。
  • 冷え症に効果のあるせり
     せりを粗く刻み、布袋などにたくさん入れて湯に浮かべてせり湯にすると、体が温まって血行が良くなり、冷え症の人には効果的です。また、せり特有の芳香が広がりますので、一風変わった春の宵の湯が楽しめます。
  • 冷え症に効く唐辛子(とうがらし)
     唐辛子(とうがらし)の果実をつぶして布にくるんで、手足や腰、お腹が冷えた時に当てておくと、血液の循環が良くなり、暖まります。
     雪の日など、寒い時外出には、靴の底に入れておくと足が冷たくなりません。これは、果実に辛味成分のカプサイシンが含まれており、皮膚刺激剤として有効なためです。
  • 冷え・生理不順に効くごぼう
     ごぼうは保温効果があるので冷え症の人に良く、また生理不順の人は、ごぼうを細かくきざんで、日本酒に一週間ほどつけたものを、毎日少しずつ飲むとよいでしょう。
  • 手足の冷えに効くしそ
     しそには発汗を促し、身体をあたため、血行を良くする作用があるので、おふろの中に布袋に入れたしその葉をたくさんうかせると湯ざめしにくく効果です。



スポンサーリンク