びわの効能



食べ物から調べる 自然食品別効能辞典トップページ > 種子・果実・フルーツ  > びわの効能



  • びわ(枇杷)の特徴

びわの実はコクのある独特の味わいを持ち、ヘリの方からへたに向かって皮をむくと、きれいにむけます。中国と日本が原産地です。びわは果肉が柔らかくて、傷を受けると変色しやすいのですが、生で食べるほか、シロップ漬けにしてもおいしいものです。またびわの葉は古くから薬効のある木として知られており、「びわの木が庭に植えられていると、その家には病人が絶えない」などといわれたのは、病人やその家族がびわの葉を求め、あちらこちらからやってきたからでしょう。

  • 胃のポリープに効くびわ

びわに含まれいるカロチンがビタミンAに転化して、目やのどなどの粘膜だけでなく、胃の表皮粘膜の正常化にもビタミンAは欠かせません。胃ポリープもビタミンAを与えるとポリープの増殖が止まり、消えていきます。

  • 解毒作用があるびわ

びわが傷を受けると変色しやすいのは、酸化酵素とタンニンが多いためですが、この酵素は炎症を抑え、毒素を分解、排泄させる力を持っているので、体を正常に整えてくれます。また、老廃物を排泄しますので、腸を健康にします。

  • 血液の浄化作用があるびわ

びわの葉に含まれているアミグダリンによって、血液を正常な弱アルカリ性に変えてくれるので、血液をきれいにします。

  • 高血圧を防ぐびわ

びわには血液をきれいにする働きがあるので、血管によけいな老廃物が浮着することがなく、正常に保ちます。

  • 心臓病を防ぐびわ

びわは血液の流れを正常に保つので、心臓に負担をかけることがなく、心臓病になるのを防ぎます。

  • 唾液の分泌を促す びわ
びわに含まれているタンニンが舌下腺を刺激し、唾液を出させるので、のどのかわきをいやし、うるおいを与えてくれます。
  • 体の自然治癒力を高めるびわ

びわに含まれているアミグダリンによって、血液を正常な弱アルカリ性に変えることで、体に起こった炎症を治療に導き、体を自然に治していく力を復活させます。

  • 頭痛を防ぐびわ

びわは、血液を浄化する働きがあるので、血液の流れが良くなり頭痛を防ぎます。

  • 夜盲症を防ぐびわ

びわにはカロチンが含まれており、体内でビタミンAに転化します。ビタミンAが不足すると、暗いところで物を見ることができなくなる夜盲症になります。ですからびわは、視力の衰えを防ぐことになります。
また、びわには目や鼻の粘膜の結合組織を強化し、病原体に対する抵抗力を強めます。


スポンサーリンク