山椒の効能 自然食品別効能辞典


食べ物から調べる 自然食品別効能辞典トップページ > その他の食品  > 山椒の効能



  • 山椒(サンショウ)の特徴

山椒の辛さは薬味として、和食にはかかせないもので、香辛料としては日本古来のものです。山椒の種類は、野生のものでトゲが全くないアサクラ山椒、トゲが少ししかないヤマアサクラ山椒、七メートル以上の大木になるカラス山椒があります、栽培品質では、奈良県などのブドウ山椒が有名です。

  • ひび、しもやけに効く山椒

山椒の皮を煎じたものを、さめないうちに患部にあててよくマッサージします。辛味の刺激で血液の循環を良くし、ひび、しもやけの治りをはやめます。

  • 胃のもたれに効く山椒

山椒の皮にはシトローネなどの精油分が含まれていますので、健胃、保温などの効果があります。胃がもたれたり、つかえたりしている感じの時には、煎じた皮2〜3グラムを、コップ一杯の水で食後三回に分けて飲むと効果があります。

  • 食欲増進に山椒

山椒のピリリとした辛さは、夏場など食欲がない場合に大変効きますし、常食していれば食中毒の予防になります。

  • 神経痛に効果のある山椒

山椒の葉にも精油が含まれているので、薬を刻み袋に入れて湯舟にうかべると、保温性があり、刺激分で神経痛などの症状に効果があります。

  • 虫下しの効果がある山椒

回虫駆除、虫下しには山椒を煎じたものを空腹時に飲むと効果があります。


スポンサードリンク