牡蠣の効能



食べ物から調べる 自然食品別効能辞典トップページ > 魚介類・海草  > 牡蠣の効能



  • 心臓病、脳梗塞、動脈硬化の予防に牡蠣

牡蠣には血圧を下げる働きで注目されている二つの特効成分、タウリンとエイコサペンタイン酸(EPA)が多く含まれています。EPAは血液中で血栓をできにくくして心臓病を防いだり、血圧が上昇する原因の血管の収縮をおさえたり、血管を拡張する性質に変化し血圧を下げたりする作用があります。
またタウリンには降圧作用だけでなく、心臓の興奮を静めて心臓病を予防する効果、血液が凝縮するのを防ぎ、脳梗塞や心筋梗塞などの血栓症を予防する効果、動脈硬化を防ぎます。なお、血圧を下げるといっても、高い物を正常にするのであって、大量に摂っても、正常以下に下げすぎるということはありません。また、このタウリンは他の貝類、タコ、イカ、などにも多く含まれています。

  • 胃酸過多に牡蠣

牡蠣に含まれているカルシウムは神経を鎮静する作用があるので、ストレスで神経が興奮し、不眠などに悩まされている人には効果があります。更に胃酸過多などにも効果的です。また、牡蠣の殻にもリン酸カルシウムや炭酸カルシウムが含まれています。殻は牡蠣自身の唾液が石灰化したもので、これを粉末にして飲んでも同じような効果があります。

  • 滋養強壮に牡蠣

牡蠣のグリコーゲンはエネルギーの代謝を効果的に行う役目をしますので、体内に活力がみなぎります。このため、牡蠣のエキスは強壮剤として広く出回っています。

  • 神経衰弱、不眠症に効く牡蠣

牡蠣に含まれているカルシウムは神経を鎮静する作用があるので、ストレスで神経が興奮し、不眠などに悩まされている人には効果があります。また、牡蠣の殻にもリン酸カルシウムや炭酸カルシウムが含まれています。殻は牡蠣自身の唾液が石灰化したもので、これを粉末にして飲んでも同じような効果があります。

  • 貧血を防ぐ牡蠣

牡蠣は赤血球をつくるのに必要な鉄分、ヨードが含まれているので貧血気味の人は摂るとよいでしょう。抗貧血食の代表格のレバーに比べ、腸機能を混乱させることがありませんので、無駄なく体内で利用されます。


スポンサーリンク